2 Comments

先生と相談して

火曜日に毎月の心療内科があって、先生に一カ月の報告をしてきました。
ズイブン動けるようになったこと、でもその間に無理しすぎて家族に迷惑かけたこと。どんなことで動いているかって。
やっぱり無理し過ぎちゃいけないねぇって言われた。
そりゃそうだ。反省反省。
もう一つ。
「たくさんのことに手を出すと、予定が重なったりして思わぬことになるだろうし」
「まだまだ動ける時間は貴重だから、お店に関することに集中してはどう?」
「経済的な自立=リハビリでよいんじゃないだろうか」
確かに。。。
今はようやっと週3日~4日は8時間くらい動ける感じ。まだまだちゃんちき堂で出来ていないことは多いし、やりたいこともある。でも、青梅ブンブンの会や市民団体さんに参加するようになって別な刺激ももらっているのも確か。でもでも、結局ぼくの動ける時間はまだまだ人の半分以下。
全部やろうとすると無理がかかるし、重なると大変になるのもこの前経験したもんなぁ。
奥さんとも話をして、やっぱりちゃんちき堂に集中しよう!と。
まずは毎日動けるようになろうと。ちゃんちき堂で。
そう思って、決めました。
いつか毎日動けるようになって、毎日のその時間も長くなって、普通の人のようになった時にまた始めようよ。
そう思って。
それにしても、時間って貴重だぁ。
あ、そうそう土日に青梅産業観光まつりっていうのが青梅市永山公園グラウンドで行われるんです。ちゃんちき堂もそこに出店しますので~。
お時間あればぜひ遊びに来てくださ~い。
◆東北太平洋沖地震で被災された方々への義援金活動◆
ちゃんちき堂では東北太平洋沖地震で被災された方々への支援・復興活動として、みなさんに買って頂いたシフォン代金の5%を「仮設じゃない、復興住宅プロジェクト」を通じて寄付し続けたいと思っています。
ただ、義援金を寄付されたいという意思のある方は、どうかそのまま義援金活動を行っている団体を通じた寄付をお願いします。
シフォンを食べたいと思って頂ける方は是非、ちゃんちき堂のシフォンをご賞味ください。ふわふわ、しゅわしゅわのシフォンをお届けします。また、購入代金の5%は責任を持って寄付させて頂きます。
寄付の状況は本ブログにて報告いたします。
ochie240
ちゃんちき堂の活動に賛同して頂ける方でブログ、HPをお持ちの方がいらっしゃいましたら上記バナーのリンクをお願いいたします。
----------義援金バナータグ ここから----------
<a href=”http://www.chanchikido.jp”target=”_blank”><IMG src=”http://www.chanchikido.jp/ind_img/pray.png”width=”150″ height=”230″ alt=”ochie240″border=”0″></a>
----------義援金バナータグ ここまで----------
シフォンのご注文はこちら

2 thoughts on “先生と相談して

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ホントね~時間は貴重。
    私はものすごく働いてるように見えるけど、実働時間は1日7.5時間~8時間、本来は週4日の契約だから、契約上は週32時間労働なんです(笑)
    実際始めてみたら40時間を超えてるけど、この労働に戻れるまでに8年。
    食事会や飲み会を全部断わって(行くと仕事に影響すると思って勇気が出ない 笑)、仕事に通える事だけを考えて・・・よく考えたら仕事以外何もしてないよね(笑)
    てつさんの場合は今は膝の調子が思わしくないけど「走る」がないとストレスだろうし、私も「歌う」は必要。
    程よく取り入れて、一緒に少しずつリハしましょう♪
    一緒にと思えれば私も心強いです(o^-')b
    夜中に「リサイタル」を「リサイクル」って打ってる・・・ここでもやっちまってる~(爆)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >リバティ・キティさん
    そうかぁ。8年かぁ。よくわかります。
    夜に何かイベントがあったらそれもやっぱり貴重な時価なんですよね。そうですよね。
    ぼくもストレス発散しながら少しずつ長くしていきたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>