6 Comments

小樽の実家へ①かな

26日。ちゃんちき堂の最後の営業を終えて、27日の朝。3:00起き!
そして、河辺を4:30に発つのバスに乗って羽田に向かいました。
帰省です。

ぼくは生まれは札幌で育ちは江別の大麻(たいまじゃなくておおあさね)ってところ。

大学で内地に出てきてから両親が小樽に引っ越したので、今は小樽が実家です。


小樽に向かう電車の中からの景色。

雪と灰色の海。ん~、北海道に帰ってきたねぇ。
千歳で飛行機を降りる時のアナウンスでは零下13度。
久しぶりだねぇ。。。零下二桁って。
電車を降りるとケッコウ吹雪いてて、風も強い。顔が痛くって鼻で呼吸すると鼻も痛い。こりゃたしかに零下だ。てか体感は二桁だ。確かに。

でも~、家に着くと暖かいの。
やっぱりこれが北海道だよね。家が暖かいから、建物の中に入れば常夏?だから、体が芯まであったまるから外に出たって大丈夫。体が冷える頃にまたあったかいとこはいれば平気なのだ。
サウナみたいなもんだな。

それに比べて東京の家は寒くってさ。
芯まであったまるのはお風呂と布団くらいだもんね。
やっぱり家はあったかいべきだ。省エネで。

今年の小樽は雪も多くて、


ほら、このくらい。


例年に比べてもズイブン寒いんだって。


外を散歩しても観光客もまばらだったものね。

でも、人力車のお兄さんはいました!
すごいよね。。。同じ引く車の仕事をしている身としては乗りたかったけど、でも寒すぎて無理でした。。。

今回は3泊4日だったんだけど、2泊目?にスキーに奥さんと行って来たのです。
すごくいい景色を見れたので、それは別に記事にすることにして、2日目はシフォン探索に行ったんだけど、それも別にするとして、小樽の風景とともに、ちょっとごにょごにょ。


あ、そういえば、いっぱい市でお世話になってるてつさんが言ってたの見つけました。
お父さん預かられちゃうのねぇ。。。観光地でも。


いつも、実家に帰ると父母とイロンナ話をするんだけど、今回もイロンナ話をしました。
原発のこと。
消費税のこと。
ちゃんちき堂のこと。
出会った人達のこと。
父の今の様子。
母の今の様子。


うん。よかったね。話せて。
なんだか少し大人になった感がありました。
そして、病気がよくなった感がありました。


ここ最近帰った時は、その時々で病気のひどい時、少しよくなったとき、だいぶよくなった時だったんだけど、その時にできた話と今は全然違ったもの。
病気がよくなった分、ポジティブに世界を捉えられているなって父母と話をして思いました。


ちゃんちき堂のこと、自分の周りの世界のことを。
そして、聞いてみたいことがたくさんあったりね。自分の考えていることだったり、疑問に思うことだったり。


そして、思ったのは。
この1年でぼくはとんでもなく恵まれた人々に会えているんだなぁっていうことでした。
「そんな人はいないよ。出会いを大事にな」
「そんな人に出会ったの」
「そんな人と知り合えたの」
そんな言葉をたくさんもらって、なんだか日常の中で当たり前になりつつある青梅の風景がとても大切なことなんだって実感しました。

ん~、なんとも言葉が出てこないのですが、出会ったみなさま。
とてもとてもありがとうデス。
がんばろ~。
ちゃんちき堂も、そして青梅の街に自分がよいなって思うことも。
そして、そこから社会や世界によなって思うことも。


あ、そうそう。
小樽もね。。。引き売りいけるって思うのデス。
こんなそりでさ。
絶対いけるよ。
体が二つあったらやりたいものなぁ。
冬の小樽でそりの引き売り。

6 thoughts on “小樽の実家へ①かな

  1. SECRET: 0
    PASS:
    てつさんの小樽での様子を読んで、ホントに心温まりました。ご実家でご両親とたくさーんお話されたんですね~。 何歳になっても親は巣なんですね。
    小樽で ソリを引いてシフォンを届けるてつさんも素敵です~!でも青梅から離れないてほしいな~
    来年もよろしくお願いします~(^-^)v

  2. SECRET: 0
    PASS:
    なんか…ホッとする光景です。
    私もおばあちゃんが亡くなってからは~
    しばらく小樽に帰ってないな^_^
    てつさんの元気な顔を見てご両親も安心したことでしょうね。
    スキー寒かったでしょ(笑)
    来年もてつさんのペースで頑張って下さいね!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    そして・・小樽の冬景色?
    とっても 寒いはずなのに・・ 
    こころが 温まりました。
    てつさん ありがとうございます。
    お母さん お父さんとお話しされたこと・・
    素晴らしいですね。
    のんも いつか息子達とじっくり話したいと思います。
    シフォンで知り合った暖かい仲間の一人に
    入れて欲しいです。(笑)
    来年もよろしくね♪

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >TAKAMAHさん
    ようやく対等に話せる年になってきたのかもなぁって思いつつの帰省でした。
    なにかで北海道に帰る様なことあったらやってみたいです!ソリ。
    今年もよろしくお願いします!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >雪ん子さん
    小樽は実家って感じがしないけど、いい町並みの街ですね~。ダンダンわかってきました。どこになにがあるのか。
    来年もイロイロやりますよ~。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >のんさん
    もちろん入ってます!
    食べてくれた様子を教えてもらえて、とってもありがたいのデス。その光景が力になるもんなぁ。。。
    子どもが親と話せるようになるのって、人によるんだろうけれど、やっぱり時間がかかったなぁ。。。
    でも、いつかなりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>