Leave a comment

ひみつって言うのは楽しいものか、正々堂々としたものだと思うけれど

秘密保全法っていう法律のこと、ニュースで聞いてちょっとだけ読んでみたんだ。

ざっとだけれど。

「国の安全」「外交」「公共の安全と秩序の維持」に関して、行政の長が「特定秘密」としたものを漏えいしたり探ったりすると、最高懲役10年の罰があるんだって。この法律を検討した有識者会議とやらの議事録とか録音したものはないんだってさ。メモとかはぜ~んぶ破棄されてる上に「配付資料」とされるものは、政府官邸ホームページ上では別のものに差し替えられているんだと。

さらにプライバシーの問題とかもあるらしいんだけど。

この辺は日本弁護士連合会のホームページに書いたりました。

 

ぼくも正直これはイヤだなぁ……

なぜ反対かはイロンナ新聞の社説に書いてあったり、イロンナ人が書いていたり、日本弁護士連合会のとこにも書いてあるから繰り返しになっちゃうけれど、なにがいやって。行政機関が「特定秘密」を決めるってことがイヤだ。

行政機関ってだってさ、この前も復興予算使いきれないようにして、各省庁で分配してなかった?

被災地以外でたくさん予算流用してたよね?

原発事故の時にも情報が遅い、間違ってるなんてたくさんあった。

年金問題もあった。

天下りの問題はなんか進展があったの?

ODAであっちこっちの国の環境破壊してたりしない?

etc,etc……

ん~、いいこともたくさんしてるんだろうけれど、正直ものすごい問題もたくさんあるよね。この国の行政って。

 

だからさ、そりゃダメだろって思うよ。貴方達が「特定秘密」を指定出来ちゃって、それに刑罰があるなんて。

秘密保全法が必要かどうかの議論以前に、秘密保全法は貴方達には運用させちゃダメだろ~って思うよ。

だって、今起きてる貴方達の問題の大概は、「責任を取らない」「天下り先と省庁と利権絡みの利益優先」「そのための法律や政令の拡大解釈とその余地を残すこと」から発生していない?

貴方達の仕事は、もっとぼくらに透明にされて、貴方達は自分の仕事の成功、失敗に対して明確な基準を第3者に指定されて、それに対する責任をとることこそ、今は必要だと思うよ。正々堂々とやりなさいよってことだと思うんだけど。秘密の法律作るんじゃなくてさ。

貴方達が、そういう組織であったら、そして憲法に定められるように国民の奉仕者だったら、タブン秘密保全法がなくても「国の安全」は今よりうまく行くと思うよ。「外交」もずっとスムーズだろ。「公共の安全と秩序の維持」なんてもちろんだよ。タブン公共って概念からして違いそうだけれど。

そもそもさ、「秘密」が好きなのは遊び心を楽しめる人か、「後ろめたい」ことしたい人かどっちかだよね。なんて勝手に思ってる。

遊び心があるとは思えないなぁ……

 

パブリックコメントなるものを短い期間だけど受付けているそうです。短いっていうのも気になるし、反対する人の意見をまともに検討する気があるのか疑問だけど、明後日まで受け付けだそうデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>