Leave a comment

税金の話

昨日?首相さんが来年度から消費税8%にするって発表してたよね。

これで8兆円、税金が増えるんだそうだ。

でも、そうすると景気が悪くなるから6兆円の景気対策するんだって。復興特別法人税の廃止やら企業の設備投資や研究開発対する減税なんだそうだ。

そもそも、ぼくは1青梅市民として、1自営業者として消費税増税には反対なんだけども。。。

それ以前にさ、なんだよって思うよ。

まずさ~、消費税増税の前にやることがある!って言ってたよね。

財政の無駄を省くだの、天下り問題の解決だの。そっちはどうなったんさ?やったの?成果はあがったの?やってないよね?それとも政権が変わったからなしになったの?ということは今の政権は「財政に無駄はなく」「天下りやらはステキ」って思ってるの?

それならそれで、そう言ってよ。

消費税上げますよって、昨日だよね?ぼくらに向かってようやくちゃんとしゃべったのは。

でも、国外の会議では「やります!」って言ってたよね?ねぇ、誰の税金なの?誰との約束なの?

全額社会保障に使われるって言うけれど、別なところで6兆円も減税したら、全体では帳尻あわせることになるんでしょう?8兆円ぼくらからとって、6兆円企業減税ってことはなに?

税金っていうのは「富の再配分」の機能だと思ってるんだけど、お金ある人が払って、みんなに必要なことや、経済的弱者の支援に使うのが「税金」だと思ってるんだけれど、つまりぼくらが「お金持ってる人で」、企業は「経済的弱者」なの?

首相さんをはじめとしたみんなの言葉だけ聞いてると、もうなに言ってるかさっぱりわかんない。

かといって、「大企業優遇はおかしい!」っていう論調もイヤだ。

みていると、ぼくには優遇にはみえないから。

大企業だろうか、小企業だろうか、零細企業だろうか、商売の本質は変わらないんだと思うんだよ。

いいもの仕入れて、いいもの作って、欲しい人に売る。

とってもシンプルなことだ。

いいもの仕入れるにはさ、大事なことがあると思うんだ。

「いいと思ったものがずっと仕入れられるようにすること」

そのためにはさ、ちゃんと適正なお金を払う必要があって、適正っていうのはそのものが手に入るために「環境が破壊され続けないように」だったり、そのものを作る人が「豊かな生活を送れるように」だったりってことだと思うよ。

いいもの作るにも同じ。

作る人がさ、作ることに生きがいを感じられるようなだったり、作ることによって豊かな生活を送れるようにだったり。

そして、欲しい人を効率よくみつけたり、手に入れた時に「よかった!」と思ってもらってファンになってもらったり。

ぼくは商売はこれに尽きると思う。

 

そうするとさ、どんな企業だろうがいやでしょう?消費税。

仕入先だって、従業員だって、お客さんだってみんな市民だもの。みんな消費税払わないといけない。利益から払うんじゃないから、生活切り詰めないといけない税金だもの。お金使わなくなるじゃん。元気なくなるじゃん。買う人がすくなくなったり、買うお金が少なくなったら困るのぼくら商売やってる人じゃない。

消費税なんか導入されるより、法人税上げて欲しいよね?

だって、消費税上がったら売上下がるから利益減るじゃん。赤字になったらイヤじゃん。でも、法人税は利益から払えばいいんでしょう?

全然ね、消費税の増税は「企業活動」のためにはならないんだよ。

 

もしね。

この論理が通用しない企業がいるんだったら、それはこんな企業だろうよ。

仕入先はたたいてたたいて、ダメになったら次を探す。

従業員は使い捨てにして、安い人探して、まともに自分のところで商品の研究や開発もできなくなって、いい会社見つけては買い取って。もしくは買われて。

国内需要が冷え切っても、海外で儲ければいいや的な。

企業の本来の目的である「儲け続ける」を放棄して、有限な世界なのに、自分のことだけを考えて有限な資源を食いつぶしては次を探す。いつかデットエンドに行きつくのに、その予測も出来ないし、予測出来ても行動を変えることは出来ない。自分の目先の利益(タブン株主のだろうな)を追い掛けるか、追いかけざるおえないかの状態の組織。

そんな組織は消費税上がっても痛くもないだろうし、法人減税うれしいよね。

でも、こんなの企業っていうの?まぁ、言うならそれでもいいけど、そんなとこ優遇してなにかいいことあるの?

どっちかっていうと、厳しくして、ちゃんと本来の企業さんに戻してあげる方が、所属している人のためにも、そこに投資している人のためにも、ぼくらのためにもなると思うけれど?

タブン、行政組織も同じだなんだろうかね。

「税金の公正な再配分屋さん」

っていう本来の目的をなくして、利権を回すこと優先になっちゃってるなら消費税上げるよね。

議員さんが、この国の代表っていう意識ではなく、そんな特定の利権の代表になってしまっているなら消費税上げるよね。

でもさ、利権っていうのは天下りとかも含めてさ、「お金を簡単に手にする」以外のいいことないじゃない。

利権に囲まれた企業は、自立してお金を稼ぐことも出来なくなって、利権にべったりと依存して、それなしでは生きて行けなくなっちゃうでしょう?

それは人も、行政も(地方もね)みんな同じじゃない。

自立して、自由の意思を持って、何かに挑戦したり、失敗したり、やり直したり、そんな体験を人や組織から奪うことじゃない。

とてもとても弱い組織と人を育てることになると思うんだけれど。

だからさ、消費税は誰のためにもならないとぼくは思うな。

ぼくらにとっては迷惑以外の何物でもないけれど、それで一見得をすると思うような人にだって、特にはならないよ。自立から遠ざかる企業を生むだけだよ。そんなコントロールしかできない組織を生み出すだけだと思うよ。

やめようよ。消費税はさ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>