Leave a comment

板塀プロジェクトのはじまり

青梅には板観さんという映画の看板を描く方がいらっしゃいました。
最後の看板師とも呼ばれていた方デス。
昨年、亡くなられました。

生前、青梅の街には板観さんの描いた看板がそこここに飾られ、昭和レトロの青梅宿っていうフレーズの第一印象は、この方の描く映画看板だったとぼくは思います。
映画看板に囲まれた商店街をリアカーを引きながら歩いていると、観光客の方からよく
「で、映画館はどこにあるの?」
って聞かれて。
「ないんですよ。。。映画館は。。。」
そう答えるのがちょっと辛かった記憶があります。

板観さんが亡くなって、台風なんかも来て、安全のためや実際の劣化もあって、この街から今、板観さんの描いた映画看板は1枚、また1枚と姿を消しつつあります。
お店の中に入れば、きれいな状態で保存されている方々がいらっしゃるけれど、この商店街の街並みの中からは日々、板観さんの面影がなくなっていきます。
毎日のようにこの街を歩くぼくにとって、それは小さくない変化で。
そして、少し辛かったりします。

「映画館はどこ?」って言われるのがちょっときつくて、映画館がないなら作ってやれ!
そう思って3年前にみんなでツリーハウスとともに「おうめシネマ」を作りました。
いつも、一緒に作ってくれるマッキーさんは板観さんの古い友人で、この街に映画館がまだあったころ、一緒に映画看板を描いていた方でもあります。
その縁なのか。。。板観さんは作っている最中の「おうめシネマ」に足を運んでくださいました。
ぼくらの説明に「うんうん」と少しはにかんだような笑顔で話を聞いてくださって。
マッキーさんが
「ここにも映画看板描いてよ」
って言って。
板観さんが
「そうだな。描かないとな」
って答えてくださったことを覚えています。
その後、少しずつ体調を崩され、遂にこの夢は果たされないままになってしまいました。

その後、板観さんはご自分の秘蔵のホーローの看板と東映で実際に使っていた照明をおうめシネマに寄付してくださいました。
今もおうめシネマのあちこちにそれは飾られています。
そして、たまに街で会うとにこにこしながらシフォンケーキを食べてくださいました。

ぼくと板観さんの思い出はそのくらいしかありません。

でも、板観さんがいらっしゃらなかったら。
そして、映画看板がこの街に飾られていなかったら。
ぼくはおうめシネマを作ることはなかった。。。
そう思います。

今ある「ぼくらのひみつ基地」の大切な1つのピースはどうなっていたんだろうと思うのです。

そう思うと、この青梅の街なみから板観さんの映画看板がなくなっていくのはしょうがないことなんだろうけれど、ぼくの中ではしょうがないことではなくなり。
こういう方がいたこと。
映画全盛期の、そして青梅の全盛期の時代に映画看板を描き続け、その後何十年も青梅のために映画看板を描き続けてきた人がいたことの足跡をこの街に訪れた誰かに知ってもらいたいと思うようになりました。

昔、青梅大映という映画館があったと聞いているぼくらのひみつ基地に面した本町駐車場。
そこにはコンクリートの崩れかけた壁がありました。
市役所の方とまちつくり会社の方の尽力で、崩れかけた壁は撤去されました。
ぼくはここに板塀を作りたいのデス。
墨色のざらざらの野地板で作った荒々しい、そして昭和の時代にあったであろうような板塀デス。
そして、そこに板観さんの描いた映画看板と街並みの写真たちをポスターのように展示し続けたいのデス。

けやき出版さんが昨年、板観さんの写真集を出版されました。
その中から選ばせていただいた幾枚かの写真をポスター加工で印刷して。
その冒頭に「板観さんという方がいました。。。」で始まる文章を書き記し。その先にポスターを飾りたいのデス。
その板塀がある場所は、昔、青梅大映という映画館があった場所だそうです。
その場所は今、「おうめシネマ」という空間を抱いている場所です。
ぼくには、そこに板観さんの足跡を少しだけ伝える場所があるのがしっくりくるのデス。

けやき出版さんの許可もいただくことができました。

後は作るだけです。
いつもだったらこの4月1日のエイプリルフールのこの記事は、「なんて思っているけど無理だよね」で終わるけれど、今回はエイプリルフールに書いているけど、うそじゃないのデス。

もし、ここまで読んでいただいて、共感していただいた方がいらっしゃったら、一緒に作りませんか?
最初は4月5日の金曜日に板塀の基礎作りから開始デス!

そして、気持ちが動いたら、募金という形で参加していただけないでしょうか?
1口=3,000円で。
1口の募金で野地板の下にお名前を刻ませていただこうと思います。

cafeころんに募金箱を設置します。
また、ちゃんちき堂の口座を以下に記します。
お名前を刻むことをご希望の際には、その旨ご連絡いただいた上で募金してください。
よろしくお願いします。

ーーー口座情報ーーー
青梅信用金庫 河辺支店
普通 0764785
ちゃんちき堂 久保田 哲

連絡先:
facebookご利用の方はメッセージください。
それ以外の方は
tetsu_kubota@chanchikido.jp
までご一報ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>