12 Comments

富士山登頂記②

さて、ご来光も見れたので、九合目から頂上を目指します。
$遥か......
目指す頂上はここ!
$遥か......
もう、数百メートルなんですけど、ゆっくり登って行ったらどんどん日が登っていきます。
$遥か......
なんだかすごい風景。
酸素が足りないせいもあるけど、気持ちがよくて深呼吸しちゃいます。
$遥か......
そして、頂上到着で~す。
とりあえず、荷物をおろして休憩!おなかも空いたし、お店に入ってトン汁食べました。

あったまる~。気温は5度くらいかな?日も出ているので富士山的には暖かいくらいだけど、やっぱり身体の中から温まると違うね~。若干眠くはなるけど。。。
さ、あんまり腰をおろしていると動けなくなるので、お鉢めぐりで最高峰3,776m地点を目指します。
$遥か......
目指すはここ!剣ヶ峰
頂上の噴火口をぐる~っと回っていくんですが、ホント溶岩だったんだなぁっていう風景です。
$遥か......
こんなぐにゃ~ってした岩なんてねぇ。
$遥か......
こんな溶岩の壁をぐる~と迂回しながら、
$遥か......
噴火口をのぞき込みながら。
火口に近付くと遮るものがないのでかなりの風。
しっかり立ってないと吹き飛ばされそうです。カメラもしっかり持ってないと~。
$遥か......
そして着きました!富士山の山頂の中でも最高峰!剣ヶ峰、3,776m!
これで目的達成~。
混んでるので、すぐに降りて、またぐる~っとお鉢巡ります。
$遥か......
というか、巡りだしたら急に雲が火口に降りてきました。
ふわ~っと雲が~。
$遥か......
あっという間に霧の中になっちゃいました。
それでも人が多いし、道もしっかりあるので不安にはならないところが富士山のすごいところだ。
$遥か......
ぐるっと回ってくると雲海がすごい!
なんなんだろ~、この景色。一歩踏み出したくなっちゃう。この雲に向かって。
そんなことを思いながらも、下山開始です。
$遥か......
平日なので、人はいるけど下山道もそんなに混んでない。
でも~、なんとなく膝が怖いので小走りくらいで降りて行きます。
$遥か......
あんなに見下ろしていた雲が八合目くらいではこのくらいになりました。
$遥か......
七合目だと、もう目の前に雲が~。
$遥か......
そして六合目の手前だともう雲の中になりました。
あっという間だなぁ。。。
$遥か......
すっかり雲の下に降りてきたら、六合目がみえてきました。
富士山の下りは単調だから、走れたら楽しいけどじゃないとあんまりかも~。
$遥か......
六合目からは馬が出ています。馬車もありました。
馬のお兄ちゃんに声をかけられたけど
「いくら?」
って聞いたら
「12,000円」
だって!
ちょっと無理ですねぇ。泊まるお金もけちって日帰りなのにそんな1km、2kmをねぇ。。。
ということで馬を見送って、テクテク。
$遥か......
帰ってきました~。五合目到着。
ちょっと痛かった頭痛も治まって、人ごみの中に。
帰りの車の中でちらっと雨に降られました。
ホント今回はついてたなぁ。。。こんな景色見れて、晴れてて、高山病にもならずに。
最高の富士山でした!
ちなみに~。
山頂5度。帰ってきたら31度でした。。。
真冬~真夏へ。。。
◆東北太平洋沖地震で被災された方々への義援金活動◆
ちゃんちき堂では東北太平洋沖地震で被災された方々への支援・復興活動として、しばらくの間みなさんに買って頂いたシフォン代金の50%を「仮設じゃない、復興住宅プロジェクト」を通じて寄付し続けたいと思っています。
ただ、義援金を寄付されたいという意思のある方は、どうかそのまま義援金活動を行っている団体を通じた寄付をお願いします。
シフォンを食べたいと思って頂ける方は是非、ちゃんちき堂のシフォンをご賞味ください。ふわふわ、しゅわしゅわのシフォンをお届けします。また、購入代金の50%は責任を持って寄付させて頂きます。
寄付の状況は本ブログにて報告いたします。
ochie240
ちゃんちき堂の活動に賛同して頂ける方でブログ、HPをお持ちの方がいらっしゃいましたら上記バナーのリンクをお願いいたします。
----------義援金バナータグ ここから----------
<a href=”http://www.chanchikido.jp”target=”_blank”><IMG src=”http://www.chanchikido.jp/ind_img/pray.png”width=”150″ height=”230″ alt=”ochie240″border=”0″></a>
----------義援金バナータグ ここまで----------
シフォンのご注文はこちら

12 thoughts on “富士山登頂記②

  1. SECRET: 0
    PASS:
    うわぁぁぁ、すごい岩~!
    確実に滑り落ちる・・・いやいや、その前に登れない(^▽^;)
    雲海、幻想的だねぇ、また夜中にウルちゃんと見に来ます♪
    たくさんのお写真、大変だったでしょう。
    ありがとうございます(≡^∇^≡)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >リバティ・キティさん
    思い出しながら書けました。
    ホントはもっと写真あるんですよ~。厳選に厳選を重ねた結果で~す。
    ヴァーチャル富士山体験してくださ~い。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    軽々と登ってきたように感じるけど、
    そこ、富士山さんだよね。。
    てつさんらしいわ~(笑)
    気持ちの良い登山でよかったね。
    体も気持ちも調子が良くなってるんだね。
    さぁ~今度はリヤカーで腰痛めないでよ( ̄▽+ ̄*)

  4. SECRET: 0
    PASS:
    そうそう バァーチャル登山だねぇ。なんて表現しようかと。
    もう すっかり 行ったつもりよ~~。ご来光も拝みましたしぃ 雲海も たっぷり 味わいましたし~~
    結構 人がいっぱいいるなぁ~ なんて 感想まで持っちゃったし。ありがとう。
    話は変わりますが ブルーベリーシフォンをお願いしたの。チョコシフォンて 普段はないのね? 

  5. SECRET: 0
    PASS:
    >雪ん子さん
    条件が恵まれ過ぎてて、なんだかきついって感じは全然なかったんで~す。ゆっくり登山だったし。
    ズイブンリフレッシュできました!
    リアカーの引き方をこの前整体の先生に教わりました。腰の曲がらないやつ。
    意識して引こう!

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >leonsmamaさん
    これが週末だと頂上までずっと渋滞するんですよ~。
    やっぱり富士山は別格ですね。
    ブルーベリーシフォン了解です!発送したらまた連絡させてもらいます。いつも、ありがとうございます!
    あ、そうなんです。
    でも、チョコシフォンも復活させますから!まだ練習中なので~す。

  7. SECRET: 0
    PASS:
    富士山日帰り、てつさんは、やっぱりすごいな~
    ブログ読んで、自分も行った気分になれました。
    自分もいつか行けるといいなぁ。

  8. SECRET: 0
    PASS:
    >Kenzさん
    一泊すると20cmくらいのところに寝かされるじゃないですか~。それが嫌だったのです!
    行けますよ~。ゆっくりゆっくり、是非ご来光を!

  9. SECRET: 0
    PASS:
    遅いコメントすみません!!
    おぉ~!!
    登頂おめでとうございます☆
    いいなぁ~、やっぱり剣ヶ峰まで行かないと!!ですよね。
    次回は私も頑張ります(^_^)v
    そしてやっぱりトン汁!!!
    体に温かさが伝わり本当に美味しいですよね。
    富士山って登りも下りも、やっぱり他の山と比べて詰らないと思ってしまうんですけど、、、
    無事に登り終わった後の達成感や清清しさは1番だと思います。

  10. SECRET: 0
    PASS:
    >ふゆさん
    是非次回は剣ヶ峰へ~。
    なんだか日本の風景とは思えないところのお散歩1時間でした。荒涼とした。
    トン汁も食べて大満足!
    富士山はなんだか他の山とは違いますね。なんだか~。ふゆさんの言うとおりかも。

  11. SECRET: 0
    PASS:
    お鉢巡り~
    いろんな方の富士山記事読んだけど、お鉢めぐりの写真はあまり見かけなかったので、
    とっても新鮮でしたぁ~
    それにしても、空がきれいですねっ!
    トン汁もおいしそうだし~~~~
    気温差が半端ないですねっ!

  12. SECRET: 0
    PASS:
    >Pocoさん
    ぼくも実は3回目にして初めてお鉢めぐりしました。なんだか月の世界の風景みたいだったなぁ。
    風がなければ涼しくって気持ちよい富士山から降りると下界は暑いですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>