8 Comments

原発に頼らない社会へ

原発に頼らない社会へ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる/田中 優

¥1,050
Amazon.co.jp
この本を読みました。
ここで使われているデータやなんやらをぼく自身が検証しているわけではないので、もう一度ゆっくりと読みなおそうと思っています。
ただ。いくつか。
「評論家は解決策を見出すことはできない。必要なのは何か新たな方向で解決策を見出すこと」
「流れに任せるだけでは未来の可能性は閉じてしまう。新たな可能性を選択したいなら、仕組みから替えて行く必要があるのだ」
「私たちがむなしくなるのはさせられるからだ。それが自ら進んで働く社会になれば、いわば子どもが遊ぶのと同じ感覚だから、疲れを知らない暮らしになっていく。」
「私たちに必要だったのは、自分の役割だ。人から必要とされ、人を必要とする時、私たちは安心してそこにいることができる。おカネを払わなければ安心してそこにいられない社会は不幸だ。誰もがここにいて欲しいと思われる社会、それが安心できる社会ではないのか。」
そして、自分の言葉で書くけれど
「何かを変えようと思った時、上を動かす、横と連携するって方法のほかに、全く違う仕組みを作ってしまうということがあると思う。上を動かす、横と連携するということも大切だけれど、全く別な仕組み、コミュニティを作ってしまうという方法は対立を減らし、自分の主張を実証するというメリットがあるのはないだろうか」
こんな言葉の羅列が、その一つ一つをばらばらにではく、それを一連の文章として眺めた時に、ぼくらには自分の今の生活を守り、安心して生活できる社会を作り、それを未来につないでいくために、今日の1分でも自分が出来ちゃう楽しいアイデアを思いつけちゃうんじゃないかって思った。
さて、今日は一日教習所。高速乗ってきます!
その後は、震災でなくなった前職の送別会を仕切り直しで、今日やってくれるそうなのでそこに行きます。
2ヶ月経ってもやってくれるってありがたいことです。
◆東北太平洋沖地震で被災された方々への義援金活動◆
ちゃんちき堂では東北太平洋沖地震で被災された方々への支援・復興活動として、しばらくの間みなさんに買って頂いたシフォン代金の50%を「仮設じゃない、復興住宅プロジェクト」を通じて寄付し続けたいと思っています。
ただ、義援金を寄付されたいという意思のある方は、どうかそのまま義援金活動を行っている団体を通じた寄付をお願いします。
シフォンを食べたいと思って頂ける方は是非、ちゃんちき堂のシフォンをご賞味ください。ふわふわ、しゅわしゅわのシフォンをお届けします。また、購入代金の50%は責任を持って寄付させて頂きます。
寄付の状況は本ブログにて報告いたします。
ochie240
ちゃんちき堂の活動に賛同して頂ける方でブログ、HPをお持ちの方がいらっしゃいましたら上記バナーのリンクをお願いいたします。
----------義援金バナータグ ここから----------
<a href=”http://www.chanchikido.jp”target=”_blank”><IMG src=”http://www.chanchikido.jp/ind_img/pray.png”width=”150″ height=”230″ alt=”ochie240″border=”0″></a>
----------義援金バナータグ ここまで----------
シフォンのご注文はこちら

8 thoughts on “原発に頼らない社会へ

  1. SECRET: 0
    PASS:
    高速はみんな飛ばしてるし、
    自分もスピードを出さないとならないので~
    結構緊張しましたね(^_^;)
    高速と送別会。。。
    かなりハードですが頑張って行ってらっしゃいo(^-^)o
    明日はゆっくり休めるのかな?(⌒~⌒)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    そうかぁ、高速と送別会 面白い本が書けそうなテーマだわねぇ。
    緊張しまくり?意外と走りやすいものよ~ 信号ないし 人間 飛び出してこないし~。
    もう 終わった頃かなぁ。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >エミさん
    も~、入れないし、も~出れないし!スピード出るし。怖かったです。。。慣れですよね?慣れれば何とか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>